高校生というレッテルに縛られないこと

高校生というレッテルに縛られないこと


高校生というレッテルに縛られないこと

結論から言いますと、産ませてもいいと思います。

もちろんその子がどう思っているかにもよりますが、産みたいと思っているのならそれでいいのではないでしょうか。

覚悟があるのか、お金は、面倒は、このような問題は高校生でなくても多くの母親となるべき人が背負うものです。

産みたいと思った成人女性でも、心変わりをするかもしれない、順風満帆な夫婦でも離婚してお金に苦労するかもしれない、将来のことは決まり切っておらず誰にもわからないわけですから、授かって、しかも産むという決断をしたのなら、一人の女性として見てあげるべきだと思います。

今でこそ時代で高校生というレッテルが張られていますが、昔ではそれが普通だったかもしれません。

普通でないから産ませない、世間体が悪くなるから産ませないというのは時代がそうさせている考え方ではないでしょうか。

普通じゃないのは悪いこと?視野をもっと広げて、一人の女性の中に宿る新たな命を、おおらかに見つめなおしてみることが大切だと思います。

関連記事



TOP PAGE